Go To Eat キャンペーン山梨 Official Web SiteGo To Eat キャンペーン山梨 Official Web Site

よくあるご質問

消費者・飲食店

事業全般共通GoToEatとは何か
「Go To Eatキャンペーン事業」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡⼤に伴う外出の⾃粛等の影響により、甚⼤な影響を受けている飲⾷業に対し、期間を限定した官⺠⼀体型の需要喚起を図るものです。
⾷事券共通⾷事券とは何か
登録の飲⾷店で使えるプレミアム付き⾷事券でございます。地域の飲⾷店で使⽤でき、例えば、1セット10,000円の⾷事券を8,000円で購⼊することができ、プレミアム率は25%になります。1冊は、1,000円券10枚綴です。
⾷事券テイクアウト・デリバリーデリバリーやテイクアウト専⾨店でも参加可能か
デリバリーやテイクアウト専⾨店は対象外になります。ただし、登録飲⾷店が⾏うデリバリーやテイクアウトは対象になります。

消費者

事業全般共通GoToEatとは何か
「Go To Eatキャンペーン事業」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡⼤に伴う外出の⾃粛等の影響により、甚⼤な影響を受けている飲⾷業に対し、期間を限定した官⺠⼀体型の需要喚起を図るものです。
⾷事券共通⾷事券とは何か
登録の飲⾷店で使えるプレミアム付き⾷事券でございます。地域の飲⾷店で使⽤でき、例えば、1セット10,000円の⾷事券を8,000円で購⼊することができ、プレミアム率は25%になります。1冊は、1,000円券10枚綴です。
⾷事券テイクアウト・デリバリーデリバリーやテイクアウト専⾨店でも参加可能か
デリバリーやテイクアウト専⾨店は対象外になります。ただし、登録飲⾷店が⾏うデリバリーやテイクアウトは対象になります。
付与上限購⼊や予約に上限はあるのか
⾷事券は1回の購⼊当たり2万円分(例えば、1セット1万円の場合は2セット)までになります。
⾷事券にお釣りは出るのか
お釣りは出ませんのでお気をつけください。
⾷事券は現⾦と併⽤して⽀払い可能か
併⽤してのお⽀払も可能でございます。⾷事券につきましては、お釣りが出ませんのでお気をつけください。
⾷事券はどこで購⼊可能ですか
HPの販売店のご案内ページでご確認いただきますようお願いいたします。
⾷事券の販売期限はいつまでか。⾷事券に利⽤期限はあるのか
⾷事券の販売期限は令和3年1⽉31⽇までとなります。⾷事券の利⽤期限は令和3年3⽉31⽇までになります。なお、詳細は、HP上等でご確認いただきますようお願いいたします。
⾷事券を購⼊したが⾃分の近くで使えるお店がなかった。⾷事券を返品したいが可能か
⾷事券の返品はできません。

飲食店

事業全般共通GoToEatとは何か
「Go To Eatキャンペーン事業」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡⼤に伴う外出の⾃粛等の影響により、甚⼤な影響を受けている飲⾷業に対し、期間を限定した官⺠⼀体型の需要喚起を図るものです。
⾷事券共通⾷事券とは何か
登録の飲⾷店で使えるプレミアム付き⾷事券でございます。地域の飲⾷店で使⽤でき、例えば、1セット10,000円の⾷事券を8,000円で購⼊することができ、プレミアム率は25%になります。1冊は、1,000円券10枚綴です。
⾷事券テイクアウト・デリバリーデリバリーやテイクアウト専⾨店でも参加可能か
デリバリーやテイクアウト専⾨店は対象外になります。ただし、登録飲⾷店が⾏うデリバリーやテイクアウトは対象になります。
参加可能な飲⾷店とは何か
⽇本標準産業分類の「76 飲⾷店」に分類されている飲⾷店のうち、⾷品衛⽣法(昭和22 年法律第233 号)第52 条第1項の許可を得ている飲⾷店であり、かつ、その場で飲⾷させる事業所でかつ、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処⽅針(改正)に基づく外⾷業の事業継続のためのガイドライン」(令和2年5 ⽉14 ⽇、⼀般社団法⼈ ⽇本フードサービス協会及び⼀般社団法⼈ 全国⽣活衛⽣同業組合中央会)に基づき、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策に取り組むことを本事業の参加条件にすることとし、その取組内容を店頭で掲⽰している飲⾷店になりますが、⾵俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23 年法律第122 号、以下「⾵俗営業法」という。)第2条第4項に規定される「接待飲⾷等営業」を営む飲⾷店は対象外となります。 山梨県では、「やまなしグリーン・ゾーン認証」を取得済または申請中の飲食店は参加できます。
参加店舗申請から承認が下りるまでの期間はどれくらいかかるのか
参加サイトや⾷事券発⾏事業者により異なります。お申込み頂きました事務局へお問い合わせください。
うちはホテル内でレストランを経営していますが、対象になりますか
ホテルとは切り離して、宿泊者以外の⽅が利⽤できる形で運営されているレストランであれば、飲⾷店とみなすことができ、対象となります。